01

GIZA

単純

安全のために

alt

検証

ありがとう! あなたのメールをチェック!

更新し続けるためにサインアップしてください!

私はGIZAデバイスを受け入れます 個人情報保護方針

  • alt alt alt 私たちは誰ですか?
  • alt alt alt 私達がすること。
  • alt alt alt ギザトークンを購入する理由。
  • alt alt alt タイミングはどうですか?
私たちは、あなたの日常生活やビジネスにおける暗号化ストレージとパスワード管理についての理解を変えることを目的とした、若く野心的なプログラマー、ハードウェア開発者、インダストリアルデザイナー、マーケティング担当者のグループである Giza Device Ltd "GIZA DEVICEプロジェクトの法的構造は何ですか?"
我々は、エレガントな耐水ボディの暗号化ウォレット、パスワードマネージャ、u2f認証システム、暗号化されたデータストレージなど、革新的で使いやすいデバイスを開発しています。 わずか9cmで、あなたの忙しいライフスタイルにフィットし、取引を行い、パスワードを入力し、貴重なファイルを安心して保管することができます。"ギザの装置とは何ですか?それは何ですか?"
ギザトークンは、計算のデジタルブロックだけでなく、安定した収入を確保する絶好の機会です。 各トークンは、所有者がリースまたは販売することができるGIZAソフトウェアライセンスを表します。 さらに、GIZAトークンは、暗号化交換にトレード可能になるにつれて、日々刻々と成長するため、すべてのクラウドステージの投資家は大きな利益を上げる機会を得ます。"GIZAトークンとは何ですか?"
Crowdsale(Pre-TDE)の第1段階では、ハードウェア、モバイルアプリケーション、およびブラウザ拡張の開発とテストを完了するために必要な資金の基本的な金額がカバーされます。 Giza Deviceのプリプロダクションモデルが準備完了すると、メインTDEはPre-TDe後6ヵ月以内に開催されます。 TDEの間に調達された資金は、量産およびグローバルマーケティングキャンペーンに費やされます。"ロードマップ"
02

衣装は内装、はすばらしい内装

潜在的な消費者に対する私たちの敬意を表してください。
「"Gorilla glass" ガラス」や撥水加工されたシルクボディ素材などの最新の材料は、GIZAの技術設計を可能にする中心的な役割を果たします。

緊急の場合、GIZAデバイスに保存されているすべてのデータは、ユーザーが設定できる誤ったマスターパスワード、カスタマイズ可能な秘密のジョイスティックの組み合わせ、または複数の誤ったマスターパスワード入力。

GIZAには、16 GBのメモリが内蔵されており、貴重なファイルや情報を保存できます。ブロックチェーンバックアップのオプションもあります。フレーズ。

バッテリ内蔵のGIZAのおかげで、自律的なアクティブモードで最大10時間滞在できます。また、バッテリが消耗した後は、PCやモバイルなどのUSB互換電源から簡単に充電できます。

GIZAは、慣れていないコンピュータで作業するときに何の痕跡も残さないので、特定のソフトウェアをインストールしたり、作業するコンピュータにファイルを保存する必要はありません。

  • alt alt スタイリッシュ
  • alt alt 安全
  • alt alt 信頼性のある
  • alt alt タイヤレス
  • alt alt きちんとした
03
  • alt alt alt 暗号化財布
  • alt alt alt パスワードマネージャ
  • alt alt alt 2要素認証
  • alt alt alt ファイルマネージャー
まずGIZAプロジェクトは革新的なハードウェア財布を投入しようとしています。 ギザのハードウェア財布は、Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、DASH、Litecoin、Ripple、Stratis、Zcash、その他のブロックチェーンベースの通貨をサポートします。 Googleの端末では、ユーザーはブラウザ拡張機能(MozillaとChrome)を使用して各ウォレットから支払いを送受信できます。 アウトバウンドトランザクションでは、デバイス自体の確認が必要になります。これにより、ユーザーは侵入先のコンピュータであっても暗号ウォレットを使って作業できます。
ハードウェアウォレット機能と並んで、GIZAデバイスは、ハードウェアパスワードマネージャの本格的な機能を提供します。 Password Managerは、ソフトウェアやモバイルアプリを必要としません。 あなたはGIZAデバイスから直接USBキーボードのようにあなたのキーとパスワードを入力することができます。 これまで言われていたように、デバイスは、アクティブな使用モードで数時間の自律的なワークフローをサポートし、ユーザーがどこでもTANパスワードを生成できる内蔵バッテリによって駆動されます。
2段階の認証は、GIZAのセキュリティシステムの核心です。 このアイデアは、トークン取引やその他のセキュリティ機能のためにパスワードセキュリティを管理する際に欠陥のないセキュリティを提供することです。 GIZAハードウェアウォレットでトランザクションを作成または受諾する場合、検証のために2つのレベルの認証を提供するよう求められます。 これにより、セキュリティの追加層を手助けし、資産への望ましくないアクセスに問題を起こすことがなくなります。 ただし、ウェブサイト、オンラインアカウントなどにアクセスするための検証に使用するための自己完結型システムとして使用できます。
GIZAデバイスは、個人または組織のニーズのデジタルID、文書、パスワードなどの機密情報を管理するための暗号化されたストレージ機能、安全なデジタルストレージを提供します。 GIZAハードウェア・ウォレットを使用して、さまざまなデータとモビリティに関する情報を入手できます。 貴重なファイル、文書、バックアップを保存するための16 Gbメモリの機能を提供します。
04
alt
alt
alt
alt

GIZAはあなたに次のことを可能にします

暗号化トランザクションを簡単かつ確実に作成し、受け入れる。 各トランザクションは、デバイス上で手動で確認されます。

同じデバイスから10以上の暗号化された通貨と最も普及しているERC 20トークンを処理します。

GIZAデバイスまたは携帯電話から直接暗号化されたパスワードを入力することは安全で便利です。

05

ロードマップ

alt

Feb 2016

アイディア

ハードウェア暗号パスワードマネージャ「Pastilda」は、ハードウェア暗号パスワードマネージャとパスワードマネージャを組み合わせて使用するという、

alt

Jan 2018

Pre-TDE

GIZAトークンの起動。 初期の投資家は30%のボーナスを得る

alt

Oct 2018

試作モデル

完全な機能とフレンドリーなインターフェイス

alt

Dec 2018

大量生産

TDEの間に調達された資金によって動くGIZAデバイスの連続生産。 私たちは2019年までに主要なマーケットプレイヤーになり、大規模な小売業者ネットワークを構築する予定です

alt

Nov 2018

先行予約

最初のデバイスは、先行予約で利用可能で、早期投資家は無料で利用できます

alt

Nov 2018

暗号通貨の交流

その時以来、GIZAトークンは暗号化交換で交換可能になります

alt

Oct 2018

TDE

主なトークンの分布のイベントです。 すべての調達資金の内容及び講師をするものの量産化にあたって

06

チーム

alt
Marco Fike

Marco Fike

COO

Aleksandar Rajic

Aleksandar Rajic

Software developer

Faisal Rahman

Faisal Rahman

Software Application Engineer

Yahya Mukhtar

Yahya Mukhtar

Web Developer

Karina Dovgalo

Karina Dovgalo

Community manager

Upgraded development team

Upgraded development team

助言者

alt
Cal Evans

Cal Evans

Legal Advisor

Jason Hung

Jason Hung

Smart Contract Advisor

Nikolay Zvezdin

Nikolay Zvezdin

Business Strategy Advisor

07

ドキュメンテーション

White Paper

Token Acquisition Agreement

トークンの事前セールの詳細

トークンセールの詳細

個人情報保護方針

alt alt

Smart Contract

pragma solidity ^0.4.18;

/**
 * @title SafeMath for performing valid mathematics.
 */
library SafeMath {
  function Mul (uint256 a, uint256 b) internal pure returns (uint256) {
    if (a == 0) {
      return 0;
    }
    uint256 c = a * b;
    assert(c / a == b);
    return c;
  }

  function Div (uint256 a, uint256 b) internal pure returns (uint256) {
    //assert(b > 0); // Solidity automatically throws when dividing by 0
    uint256 c = a / b;
    // assert(a == b * c + a % b); // There is no case in which this doesn't hold
    return c;
  }

  function Sub (uint256 a, uint256 b) internal pure returns (uint256) {
    assert(b <= a);
    return a - b;
  }

  function Add (uint256 a, uint256 b) internal pure returns (uint256) {
    uint256 c = a + b;
    assert(c >= a);
    return c;
  }
}

/**
 * Contract "Ownable"
 * Purpose: Defines Owner for contract
 * Status : Complete
 *
 */
contract Ownable {

	//owner variable to store contract owner account
  address public owner;

  //Constructor for the contract to store owner's account on deployement
  function Ownable() public {
    owner = msg.sender;
  }

  //modifier to check transaction initiator is only owner
  modifier onlyOwner() {
    require(msg.sender == owner);
    _;
  }

}

// ERC20 Interface
contract ERC20 {
  uint256 public totalSupply;
  function balanceOf(address who) public view returns (uint256);
  function transfer(address to, uint256 value) public returns (bool);
  function allowance(address owner, address spender) public view returns (uint256);
  function transferFrom(address from, address to, uint256 value) public returns (bool);
  function approve(address spender, uint256 value) public returns (bool);
  event Approval(address indexed owner, address indexed spender, uint256 value);
  event Transfer(address indexed from, address indexed to, uint256 value);
}

/**
 * @title GIZA to implement token
 */
contract GIZAToken is ERC20, Ownable {

    using SafeMath for uint256;
    //The name of the  token
    bytes32 public name;
    //The token symbol
    bytes32 public symbol;
    //The precision used in the calculations in contract
    uint8 public decimals;
    //To denote the locking on transfer of tokens among token holders
    bool public locked;
	// Founder address. Need to froze for 8 moths
	address public founder;
	// Team address. Need to froze for 8 moths
	address public team;
	// Start of Pre-ICO date
	uint256 public start;

    //Mapping to relate number of  token to the account
    mapping(address => uint256 ) balances;
    //Mapping to relate owner and spender to the tokens allowed to transfer from owner
    mapping(address => mapping(address => uint256)) allowed;

    event Burn(address indexed burner, uint indexed value);

    /**
    * @dev Constructor of GIZA
    */
    function GIZAToken(address _founder, address _team) public {
		require( _founder != address(0) && _team != address(0) );
        /* Public variables of the token */
        //The name of the  token
        name = "GIZA Token";
        //The token symbol
        symbol = "GIZA";
        //Number of zeroes to be treated as decimals
        decimals = 18;
        //initial token supply 0
        totalSupply = 368e23; // 36 800 000 tokens total
        //Transfer of tokens is locked (not allowed) when contract is deployed
        locked = true;
		// Save founder and team address
		founder = _founder;
		team = _team;
		balances[msg.sender] = totalSupply;
		start = 0;
    }

	function startNow() external onlyOwner {
		start = now;
	}

    //To handle ERC20 short address attack
    modifier onlyPayloadSize(uint256 size) {
       require(msg.data.length >= size + 4);
       _;
    }

    modifier onlyUnlocked() {
      require (!locked);
      _;
    }

    modifier ifNotFroze() {
		if (
		  (msg.sender == founder || msg.sender == team) &&
		  (start == 0 || now < (start + 80 days) ) ) revert();
		_;
    }

    //To enable transfer of tokens
    function unlockTransfer() external onlyOwner{
      locked = false;
    }

    /**
    * @dev Check balance of given account address
    *
    * @param _owner The address account whose balance you want to know
    * @return balance of the account
    */
    function balanceOf(address _owner) public view returns (uint256 _value){
        return balances[_owner];
    }

    /**
    * @dev Transfer tokens to an address given by sender
    *
    * @param _to The address which you want to transfer to
    * @param _value the amount of tokens to be transferred
    * @return A bool if the transfer was a success or not
    */
    function transfer(address _to, uint256 _value) onlyPayloadSize(2 * 32) onlyUnlocked ifNotFroze public returns(bool _success) {
        require( _to != address(0) );
        if((balances[msg.sender] > _value) && _value > 0){
			balances[msg.sender] = balances[msg.sender].Sub(_value);
			balances[_to] = balances[_to].Add(_value);
			Transfer(msg.sender, _to, _value);
			return true;
        }
        else{
            return false;
        }
    }

    /**
    * @dev Transfer tokens from one address to another, for ERC20.
    *
    * @param _from The address which you want to send tokens from
    * @param _to The address which you want to transfer to
    * @param _value the amount of tokens to be transferred
    * @return A bool if the transfer was a success or not
    */
    function transferFrom(address _from, address _to, uint256 _value) onlyPayloadSize(3 * 32) onlyUnlocked ifNotFroze public returns (bool success){
        require( _to != address(0) && (_from != address(0)));
        if((_value > 0)
           && (allowed[_from][msg.sender] > _value )){
            balances[_from] = balances[_from].Sub(_value);
            balances[_to] = balances[_to].Add(_value);
            allowed[_from][msg.sender] = allowed[_from][msg.sender].Sub(_value);
            Transfer(_from, _to, _value);
            return true;
        }
        else{
            return false;
        }
    }

    /**
    * @dev Function to check the amount of tokens that an owner has allowed a spender to recieve from owner.
    *
    * @param _owner address The address which owns the funds.
    * @param _spender address The address which will spend the funds.
    * @return A uint256 specifying the amount of tokens still available for the spender to spend.
    */
    function allowance(address _owner, address _spender) public view returns (uint256){
        return allowed[_owner][_spender];
    }

    /**
    * @dev Approve the passed address to spend the specified amount of tokens on behalf of msg.sender.
    *
    * @param _spender The address which will spend the funds.
    * @param _value The amount of tokens to be spent.
    */
    function approve(address _spender, uint256 _value) public returns (bool){
        if( (_value > 0) && (_spender != address(0)) && (balances[msg.sender] >= _value)){
            allowed[msg.sender][_spender] = _value;
            Approval(msg.sender, _spender, _value);
            return true;
        }
        else{
            return false;
        }
    }

    // Only owner can burn own tokens
    function burn(uint _value) public onlyOwner {
        require(_value > 0);
        address burner = msg.sender;
        balances[burner] = balances[burner].Sub(_value);
        totalSupply = totalSupply.Sub(_value);
        Burn(burner, _value);
    }

}

contract Crowdsale is Ownable {

    using SafeMath for uint256;
    GIZAToken token;
    address public token_address;
    address public owner;
    address founder;
    address team;
    address multisig;
    bool started = false;
    //price of token against 1 ether
    uint256 public dollarsForEther;
    //No of days for which pre ico will be open
    uint256 constant DURATION_PRE_ICO = 30;
    uint256 startBlock = 0; // Start timestamp
    uint256 tokensBought = 0; // Amount of bought tokens
    uint256 totalRaisedEth = 0; // Total raised ETH

    uint256 constant MAX_TOKENS_FIRST_7_DAYS_PRE_ICO  = 11000000 * 1 ether; // 10 000 000 + 10%
	uint256 constant MAX_TOKENS_PRE_ICO    				    = 14850000 * 1 ether; // max 14 850 000 tokens
    uint256 constant MAX_TOKENS_FIRST_5_DAYS_ICO        = 3850000 * 1 ether;   // 3 500 000 + 10%
    uint256 constant MAX_TOKENS_FIRST_10_DAYS_ICO      	= 10725000 * 1 ether; // 9 750 000 + 10%
    uint256 constant MAX_BOUNTY      	                			= 1390000 * 1 ether;
    uint256 bountySent = 0;
    enum CrowdsaleType { PreICO, ICO }
    CrowdsaleType etype = CrowdsaleType.PreICO;


    function Crowdsale(address _founder, address _team, address _multisig) public {
        require(_founder != address(0) && _team != address(0) && _multisig != address(0));
        owner = msg.sender;
        team = _team;
        multisig = _multisig;
        founder = _founder;
        token = new GIZAToken(_founder, _team);
        token_address = address(token);
    }

    modifier isStarted() {
        require (started == true);
        _;
    }

    // Set current price of one Ether in dollars
    function setDollarForOneEtherRate(uint256 _dollars) public onlyOwner {
        dollarsForEther = _dollars;
    }

    function sendBounty(address _to, uint256 _amount) public onlyOwner returns(bool){
        require(_amount != 0 && _to != address(0));
        token.unlockTransfer();
        uint256 totalToSend = _amount.Mul(1 ether);
        require(bountySent.Add(totalToSend) < MAX_BOUNTY);
        if ( transferTokens(_to, totalToSend) ){
                bountySent = bountySent.Add(totalToSend);
                return true;
        }else
            return false;
    }

    function sendTokens(address _to, uint256 _amount) public onlyOwner returns(bool){
        require(_amount != 0 && _to != address(0));
        token.unlockTransfer();
        return transferTokens(_to, _amount.Mul(1 ether));
    }

    //To start Pre ICO
    function startPreICO(uint256 _dollarForOneEtherRate) public onlyOwner {
        require(startBlock == 0 && _dollarForOneEtherRate > 0);
        //Set block number to current block number
        startBlock = now;
        //to show pre Ico is running
        etype = CrowdsaleType.PreICO;
        started = true;
        dollarsForEther = _dollarForOneEtherRate;
        token.startNow();
        token.unlockTransfer();
    }

	// Finish pre ICO.
	function endPreICO() public onlyOwner {
		started = false;
	}

    //to start ICO
    function startICO(uint256 _dollarForOneEtherRate) public onlyOwner{
        //ico can be started only after the end of pre ico
        require( startBlock != 0 && now > startBlock.Add(DURATION_PRE_ICO) );
        startBlock = now;
        //to show iCO IS running
        etype = CrowdsaleType.ICO;
        started = true;
        dollarsForEther = _dollarForOneEtherRate;
    }

    // Get current price of token on current time interval
    function getCurrentTokenPriceInCents() public view returns(uint256){
        require(startBlock != 0);
        uint256 _day = (now - startBlock).Div(1 days);
        // Pre-ICO
        if (etype == CrowdsaleType.PreICO){
            require(_day <= DURATION_PRE_ICO && tokensBought < MAX_TOKENS_PRE_ICO);
            if (_day >= 0 && _day <= 7 && tokensBought < MAX_TOKENS_FIRST_7_DAYS_PRE_ICO)
                return 20; // $0.2
			else
                return 30; // $0.3
        // ICO
        } else {
            if (_day >= 0 && _day <= 5 && tokensBought < MAX_TOKENS_FIRST_5_DAYS_ICO)
                return 60; // $0.6
            else if (_day > 5 && _day <= 10 && tokensBought < MAX_TOKENS_FIRST_10_DAYS_ICO)
                return 80; // $0.8
            else
                return 100; // $1
        }
    }

    // Calculate tokens to send
    function calcTokensToSend(uint256 _value) internal view returns (uint256){
        require (_value > 0);

        // Current token price in cents
        uint256 currentTokenPrice = getCurrentTokenPriceInCents();

        // Calculate value in dollars*100
        // _value in dollars * 100
        // Example: for $54.38 valueInDollars = 5438
        uint256 valueInDollars = _value.Mul(dollarsForEther).Div(10**16);
        uint256 tokensToSend = valueInDollars.Div(currentTokenPrice);

        // Calculate bonus by purshase
        uint8 bonusPercent = 0;
        _value = _value.Div(1 ether).Mul(dollarsForEther);
        if ( _value >= 35000 ){
            bonusPercent = 10;
        }else if ( _value >= 20000 ){
            bonusPercent = 7;
        }else if ( _value >= 10000 ){
            bonusPercent = 5;
        }
        // Add bonus tokens
        if (bonusPercent > 0) tokensToSend = tokensToSend.Add(tokensToSend.Div(100).Mul(bonusPercent));

        return tokensToSend;
    }

    // Transfer funds to owner
    function forwardFunds(uint256 _value) internal {
        multisig.transfer(_value);
    }

    // transfer tokens
    function transferTokens(address _to, uint256 _tokensToSend) internal returns(bool){
        uint256 tot = _tokensToSend.Mul(1222).Div(8778); // 5.43 + 6.79 = 12.22, 10000 - 1222 = 8778
        uint256 tokensForTeam = tot.Mul(4443).Div(1e4);// 5.43% for Team (44,43% of (5.43 + 6.79) )
        uint256 tokensForFounder = tot.Sub(tokensForTeam);// 6.79% for Founders
        uint256 totalToSend = _tokensToSend.Add(tokensForFounder).Add(tokensForTeam);
        if (token.balanceOf(this) >= totalToSend &&
            token.transfer(_to, _tokensToSend) == true){
                token.transfer(founder, tokensForFounder);
                token.transfer(team, tokensForTeam);
                tokensBought = tokensBought.Add(totalToSend);
                return true;
        }else
            return false;
    }

    function buyTokens(address _beneficiary) public isStarted payable {
        require(_beneficiary != address(0) &&  msg.value != 0 );
        uint256 tokensToSend = calcTokensToSend(msg.value);
        tokensToSend = tokensToSend.Mul(1 ether);

        // Pre-ICO
        if (etype == CrowdsaleType.PreICO){
            require(tokensBought.Add(tokensToSend) < MAX_TOKENS_PRE_ICO);
        }

        if (!transferTokens(_beneficiary, tokensToSend)) revert();
        totalRaisedEth = totalRaisedEth.Add( (msg.value).Div(1 ether) );
        forwardFunds(msg.value);
    }

    // Fallback function
    function () public payable {
        buyTokens(msg.sender);
    }

    // Burn unsold tokens
    function burnTokens() public onlyOwner {
        token.burn( token.balanceOf(this) );
        started = false;
    }

    // destroy this contract
    function kill() public onlyOwner{
        selfdestruct(multisig);
    }
}
                

Pre-TDEの詳細

1st
7 日々
#
10 000 000 トークン
#
$0.20 1 GIZA
2nd
23 日々
#
3 500 000 トークン
#
$0.30 1 GIZA
20%
プレプロダクション # 6 数ヶ月

TDEの詳細

1st
5 日々
#
3 500 000 トークン
#
$0.60 1 GIZA
2nd
10 日々
#
6 250 000 トークン
#
$0.80 1 GIZA
3hd
15 日々
#
4 850 000 トークン
#
$1.00 1 GIZA
80%

追加ボーナス:

$10.000 +5%
$20.000 +7%
$35.000 +10%
Giza Device ICO rating
08

TDE

is coming soon

Next distribution stage starts in:

申し込む

更新し続けるためにサインアップしてください!

合計 = 36 800 000トークン

09

東京ディストリビューション

チームと創設者のために発行されたすべてのGIZAトークンは、スマート契約の導入日から8ヶ月間凍結する必要があります。

各トークンが簡単、便利でお得*ユニットの値ソフトウェアのライセンスが簡単、便利でお得装置の利益**からの売却による配布を有すト比率のトークン

* GIZAトークンを取得すると、すべてのトークン配布イベント参加者は、購入しているトークンが実際の価値を持たないことを確認し、トークン所有者のみがそのライセンスを将来のGIZAデバイスユーザーにリースするよう努力している Giza Device Ltdに代理店を提供しています。

**ソフトウェアライセンスのコストは、各GIZAデバイスのコストの80%です。 これは、会社の利益の80%がGIZAトークン所有者に分配される方法です

チームと創設者のために発行されたすべてのGIZAトークンは、スマート契約の導入日から8ヶ月間凍結する必要があります。

Bounty 3.78%

チーム 5.43%

創業者 6.79%

84.00%

販売

1 390 000 トークン

2 000 000 トークン

2 500 000 トークン

10

よくある質問を確認してください

"以下は、あなたが出てくる可能性が高い、ほとんどの質問に対する回答です。このリストが役に立たない場合は、の質問に電子メールでお気軽にお問い合わせくださいinfo@gizadevice.com"

GIZAの受け取り方法

Once you sent ETH to our Smart Contract Address, you'll be credited with the amount of GIZA tokens in accordance with the current ETH exchange rate. In order to see them in your wallet, click the button “add token” in the wallet you sent ETH from. You'll be asked to fill in the following fields. Token Contract Address: 0x10e9c804d5419237f390fa06189bea54279f438f Token Symbol: GIZA Decimals: 18 And here you go. GIZA tokens show up in your wallet in a few minutes.

GIZAデバイスとは何ですか?それは何のためですか?

GIZAデバイスは、高度に開発された暗号化ウォレット、パスワードマネージャー、u2f認証システム、暗号化されたデータストレージです。エレガントな耐水ボディのすべてです。

GIZAデバイスと互換性のある暗号鍵は何ですか?

ギザのデバイスは、Bitcoin、Ethereum、Ark、Bitcoin現金、Dash、 Ethereum Classic、Litecoin、Dogecoin、Komodo、Ripple、Stratis、Zcash、PoSWをサポートし、他のブロックチェーンベースの通貨をサポートします。

私のGIZAデバイスには、どのくらいの異なる暗号化方式の通貨を保存できますか?

各コインまたはERC20トークンごとに個別のウォレットを保管することができます。

GIZAデバイスはどれくらい安全ですか?

もちろん、GIZA DEVICEに保存されているキーは、セットアップ中に生成されます。 我々はそれらのコピーを作る機会を得ることさえない。 秘密鍵はチップに保存されており、ユーザーの許可なしにデバイスが接続されているコンピュータでは表示できません。 さらに、各取引では、GIZA DEVICEのマニュアル確認が必要です。

GIZAはデジタルトレースを残していますか?

GIZAは、コンピュータにトレースを残すことなく、機密情報をデバイスから直接管理するために簡単に使用できます。 同時に、ブラウザの拡張機能を使用して、信頼できるコンピュータで作業することもできます。

パスワードや財布以外の個人情報をGIZAに保存することはできますか?

はい、それはまた、任意の貴重なファイルを格納するために16 Gbの暗号化されたメモリを持っています。 プリペイドメモリを追加することで、いつでもストレージを拡張できます。

GIZA DEVICEをu2fシステムとして使用できますか?

もちろん、GIZAにはu2fパスワードジェネレータ(Fido u2f)が含まれています。 内蔵バッテリーを使用すると、デバイスを使用して、どこにいてもTANパスワードを生成できます。

GIZA DEVICEをバックアップする方法はありますか?

もちろん、あなたのデバイスにはブロックチェーンのバックアップオプションがあります。 あなたのGIZA DEVICEを盗まれたり、紛失したり、噛んだりしても、あなたのデバイスを構成するときに一度しか表示されないシードフレーズを使って新しいデバイスで簡単にアカウントを復元できます。 セキュリティ上の理由から、再び表示されることはありません。本当に注意深く各単語をコピーするよう注意してください。

どのERC20トークンがサポートされていますか?

GIZAでサポートされているERC20トークンのリストを以下に示します。
1ST, 300, ADST, ADT, ADX, AIR, ALIS, AMIS, ANT, APT, ARC, ARN, ART, AST, ATH, ATL, AVA, AVT, BAT, BCDN, BeerCoin, BET, BKB, BLX, BMC, BMT, BNC, BNT, BOP, BOU, BRAT, BQX, BTE, CAG, CAN, CAT, CCC, CDT, CFI, CMC, COB, CRB, CREDO, CryptoCarbon, CTL, CVC, DAB, DALC, DAO, DATA (Streamr), DATA (DataBrokerDAO), DDF, DENT, DGD, DGX 1.0, DICE, DNT, DROP, DPP, DRP, ECN, EDO, EHT, EDG, ELIX, EMV, ENJ, EOS, ETBS, FAM, FRD, FTC, FUEL, FUN, FYN, GBT, GELD, GNO, GNT, GTC, GTKT, GUP, H2O, HGT, HKG, HMQ, HST, ICE, ICN, TDES, IDEA, IFT, IKB, IMT, IND, ITT, IXT, JET (new), JET (old), JetCoins, KICK, KIN, KNC, KZN, LIFE, LINK, LOK, LNC, LRC, LUCK, LUN, MANA, MBRS, MCAP, MCI, MCO, MDA, MGO, MIT, MKR, MLN, MNE, MRV, MSP, MTH, MTL, MTR, MTX, MYD, MYST, NET, NMR, NxC, NXX, NIMFA, OAX, OHNI, OMG, ONEK, OPT, PAY, PIX, PLAY, PLBT, PLR, PLU, POE, POOL, POS, PPT, PRO, PRS, PRSP, PT, PTOY, QAU, QTUM, QRL, REP, REX, RLC, RLT, RLX, RNDR, ROUND, RVT, REQ, SALT, SAN, SCL, sense, SGEL, SGT, SHIT, SIFT, SKIN, SKO1, Smart, SNC, SNGLS, SND, SNM, SNT, SPARC, SPARTA, STORJ, STRC, STX, SUB, SWT, SYN, TaaS, TBT, TFL, TBC2, TIME, TIX, TKN, TME, TNT, TRST, UnTDErn, VERI, VEN, VIBE, VIBEX, VIB, VOISE, VRS, VSL, VSM(OLD), WBC, WCT, WiC, WINGS, WOLK, XAUR, XID, XRL, YUPIE, ZRX, ZST

GIZA DEVICEプロジェクトの法的構造は何ですか?

Giza Device Ltdはイギリスに本拠を置く会社です。 ギザのデバイスチームは国際的であり、私たちのチームメンバーとアドバイザーは世界中にあります。 本社は現在ロンドンにあります。

東京ディストリビューション

トークン配布イベント(TDE)とは何ですか?

「TDE」という用語は、多くの場合、エテリアムトークンが起動します。 しかし、硬貨とトークンは2つの非常に異なるものです。 コインは実際には他の機能を持たない単純な価値のストアとして機能するユーティリティを持っているだけです。 それらの関数の配列を通るトークンは、はるかに多くのものになります。 技術的には、彼らは「提供されていない」、「生成された」、または「配布されている」。 だからこそエターリアトークンの打ち上げ中に起こっていることの最も正確な表現は、それを「トークン配布イベント」と表現することです。

GIZAトークンとは何ですか?

GIZAトークンは、GIZAデバイスのソフトウェアライセンスの価値単位です.GIZAトークンの所有者に販売された利益*は、パーセントトークンに比例して分配されます。
* GIZAトークンを取得すると、すべてのトークン配布イベント参加者は、購入しているトークンが実際の価値を持たないことを確認し、トークン所有者のみがそのライセンスを将来のGIZAデバイスユーザーにリースするよう努力している Giza Device Ltdに代理店を提供しています。
**ソフトウェアライセンスのコストは、各GIZAデバイスのコストの80%です。 これは、会社の利益の80%がGIZAトークン所有者に分配される方法です

GIZAデバイスに参加するにはどうすればいいですか?

トークン配布イベントに参加するには、ETH暗号を使用する必要があります。

ETHウォレットを作成するには?

移動www.myetherwallet.com,先のパスワードを設定し、[新しいウォレットを作成]をクリックします。 重要:パスワードを覚えておいてください。パスワードを復元することは不可能です!

あなたが財布を持っていたら、交換所や市場でエーテルを購入するには、その番号を指定して(各サイトで独自の方法で)購入するだけです。 エーテルはそこに移されます。

アメリカの市民がGIZA DEVICEに参加できますか?

いいえ、米国市民は、米国の法律に関連してGIZAトークンの販売に参加することはできません。 あなたは、米国市民ではない、または米国に恒久的に住んでいない、またはプエルトリコ、バージン諸島などの国に恒久居住者がいない場合、Giza Deviceに参加することができます 米国統制。

中国の市民がGIZA DEVICEに参加できますか?

いいえ、中国の市民は、中国の法律に関連してGIZAトークンの販売に参加することはできません。 中華人民共和国(中華人民共和国)市民でない、または中華人民共和国に常駐していない、または中国統制下の国に恒久居住者がいない場合、GIZA DEVICEに参加することができます。

初期投資家のボーナスはいくらですか?

Pre -TDE
7日間または$ 10 000 000のトークン価格で$ $0.20 GIZA
GIZA
23日間または$ 3 500 000のトークン価格で$ $0.30 GIZA
GIZA

Pre-TDE 6 (!!)の数ヶ月後には、
トークン配布イベント

TDE
5日間または$ 3 500 000のトークン価格で$ $0.60 GIZA
GIZA
10日間または$ 6 250 000のトークン価格で$ $0.80 GIZA

GIZA
15日間または$ 4 850 000のトークン価格で$ $1 GIZA
GIZA

ボリュームのボーナスはどれくらいですか?

10 000ドルを超えるトークンの購入には、5%のトークンボーナス
20 000ドルを超えるトークンの購入には、7%のトークンボーナス
35 000ドルを超えるトークンの購入には、10%のトークンボーナス

TDEおよびプレTDE中に回収される資金はどのように使用されますか?

プレTDEおよびTDEキャンペーン中にプラットフォームが受け取った資金の配分は、GIZA DEVICEのさらなる開発にほぼ完全に使用されます。 開発計画には、デバイス自体のさらなる開発だけでなく、マーケティングキャンペーンや量産も含まれています。
資金の予備的配分は次のとおりです。
  • - GIZAトークンの開始に使用された借入金の5%の返済
  • - 3%の訴訟費用およびその他の官僚支出
  • - 10%のハードウェア開発
  • - 12%のソフトウェア開発
  • - 7%のブラウザ拡張
  • - 9%のモバイルアプリ
  • - 25%のマーケティングキャンペーン
  • - 29%の量産
Giza Device Ltd © 2017. All Rights Reserved.


Suite 1, 5 Percy Street, Fitzrovia,
London, England, W1T 1DG